teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


富山の祭

 投稿者:稲垣  投稿日:2017年 5月 1日(月)13時11分0秒 KD111100090027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  きょう5月1日は、「御車山」の祭りの日ですが、富山ではこれから本格的な祭がはじまります。
富山の一年分のお祭りを、YouTubeにまとめたので、ご覧ください。

富山の祭 [1989~93年撮影]
YouTube(37分59秒)は、次のとおり。
https://youtu.be/Qram70qFdu4
←クリックください。* 音が出ないときは、ミュート(消音)を解除してみてください。
* むぎや * おわら * こきりこ *

富山城-大辻山の水芭蕉-チンドン祭
福野夜高-よいやさ祭-岩瀬曳山-御車山
大伴家持-雨晴海岸-伏木曳山-
日枝神社・山王まつり―花火と庄川夜高-
大門凧揚げ-あやめ-如意の渡し
砺波夜高-御印祭の金屋町(高岡)-
たてもん祭 -八尾曳山-おわら風の盆
城端曳山-城端と五箇山むぎやコキリコ祭
子供奴-つくりもん祭-新湊曳山-
富山市街地-雨晴海岸


雨晴海岸
 
 

富山の祭

 投稿者:稲垣  投稿日:2017年 3月 5日(日)10時35分11秒 KD111100090027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  2016年12月1日に、ユネスコ無形文化財(世界無形文化遺産)に日本の山・鉾・屋台33件が登録されました。
18府県33件中に富山の「御車山」「たてもん祭」「城端曳山」が3祭登録されたことから富山赴任した1990年代に撮影したビデオをYouTubeに投稿しました。ご覧ください。


高岡御車山祭みくるまやま / 毎年5月1日
YouTube(5分28秒)は、次のとおり。
https://youtu.be/v_T1qqlUc8A
←クリックください。
* 音が出ないときは、ミュート(消音)を解除してみてください。

1588年(天正16年)太閤豊臣秀吉が、後陽成天皇と正親町上皇を聚楽第に迎えるときに用いた御所車を加賀藩初代藩主・前田利家が拝領し、二代藩主・前田利長が隠居して1609年(慶長14年)に高岡城を築くにあたり、町民に与えたのが御車山のはじまりと伝える。
御車山祭は、高岡市の高岡関野神社の春季例祭で、御車山と呼ばれる七基の曳山が囃子とともに巡行する祭。



たてもん祭り / 毎年8月第1金、土曜日の夜
YouTube(2分40秒)
https://youtu.be/EcI6vLBJAIU
←クリックください。

魚津市諏訪町の漁夫の宮「諏訪神社」から七台の「たてもん」が繰り出す。
この形は、三方に贄者(にえもの)を、山と積んで神前に供える形をかたどったもの、あるいは全体が、帆をあげた漁船をかたどったものといわれ、また神前に供え捧げたてまつる言葉がなまり「たてもん」と呼ばれるようになったといわれている。
約300年前から、大漁と海上の無事安全を祈る氏子の気持ちが、このような形となったといわれる。



越中の小京都といわれる城端(じょうはな)に、曳山祭および麦やとこきりこ踊りが情緒を醸す。
YouTube(13分19秒)
https://youtu.be/i_L0yvQAdfM
←クリックください。時々、静止しますが辛抱ください。 m(_ _)m

城端曳山祭  / 毎年5月4日・5日
 三基の神輿が先導して、獅子舞・剣鉾・八本の傘鉾・四神旗などが行列し、さらに六基の庵屋台と六基の曳山が神輿の渡御にお供して巡行する。

城端むぎや祭 / 毎年9月第3月曜日 直前の土日

 平家の落人が唄い伝えたといわれ、国の指定無形文化財である麦屋節、コキリコ節、古代神等を唄い踊る善徳寺境内がおすすめ。

五箇山麦屋まつり  / 毎年9月23~24日(平村下梨地主神社)

 麦を刈る時に歌ったことから麦屋節と伝えられ、「麦屋」「といちんさ節」「古代節」「輪おどり」まで奉納する。むかで獅子舞も舞う。

五箇山こきりこ祭り  / 毎年9月25~26日(平村上梨の白山宮)

 直垂括袴(ひたたれくくりばかま)で山鳥の羽をつけた綾藺笠を被った狩衣姿に、びんざさらでリズムをとりながら踊る。
 

横浜大桟橋

 投稿者:稲垣  投稿日:2015年12月30日(水)10時03分27秒 KD111100090027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
 





赤レンガ倉庫の真上に富士山。



横浜大桟橋には、ちょうど飛鳥Ⅱが停泊していた。

総トン数:50,142トン 全長:241m 乗客定員:800名







.










.







.

飛鳥Ⅱ

桟橋全体を大きなクジラに見立て「くじらのせなか」鯨の背と呼ぶ。

みなとみらい夕景

キング(県庁)とクイーン(税関)    (象の鼻にて)
 

横浜 三渓園

 投稿者:稲垣  投稿日:2015年12月26日(土)10時27分40秒 KD111100090027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  大池と三重塔

三渓園(さんけいえん)は、明治、大正時代にかけて生糸貿易で財を成した実業家・原富太郎(雅号三溪)が、明治39年に公開した総面積約17万5000平方mの日本庭園。
移築した大半が重要文化財という財力には恐れ入るしかない。

左手に白雲邸【横浜市指定有形文化財】1920年(大正9年)建築。

右手が臨春閣[【重要文化財指定】1649年(慶安2年)建築]
紀州徳川家の別荘・巌出御殿(いわでごてん)だったのを移築。
徳川吉宗が、幼少期にこの巌出御殿で遊んで育った。
(当初、豊臣秀吉が建てた聚楽第の遺構として伝わる)

手前の橋の上に亭樹





天瑞寺寿塔覆堂【重要文化財】1591年(天正19年)建築
豊臣秀吉が母のために建てた寿塔を覆うための建物で、現在、秀吉が建てたものと確認できる数少ない建物。
迦陵頻迦(かりょうびんが)や蓮の花などの彫りの深い装飾、そりあがった屋根は、荘厳さを感じさせる。

別角度からの寿塔覆堂

瓢箪文手水鉢



月華殿
[【重要文化財】1603年(慶長8年)建築]
京都伏見城内に徳川家康が建てた。


聴秋閣
【重要文化財】1623年(元和9年)建築
徳川家光が二条城内に建て、後に春日局が賜ったと伝わる建物。
各部の意匠は独創性・変化に富む。


春草廬
【重要文化財】桃山時代建築
三畳台目(さんじょうだいめ)の小間茶室は、織田有楽斎の作品と伝わる。
茶室内に九つの窓があることから、かつて"九窓亭"と呼ばれていた。
 

三渓園

 投稿者:稲垣  投稿日:2015年12月26日(土)10時26分20秒 KD111100090027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  松風閣(展望台)から見た富士山


旧燈明寺三重塔【重要文化財】
1457年(康正3年)建築


燈明寺本堂【重要文化財】室町時代建築
                                          三重塔と同じ京都燈明寺にあった建物。

東慶寺仏殿【重要文化財】江戸時代初期
                                          鎌倉の東慶寺にあった仏殿。



矢箆原家住宅【重要文化財】1750年頃(宝暦年間)
大きな合掌造の民家。 岐阜県の白川郷にあったが、ダム建設により三溪園に寄贈された。



大池

 

江の島からの眺め

 投稿者:稲垣  投稿日:2015年 8月14日(金)09時49分5秒 KD111100090027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
 
        

  江の島展望台を一巡して撮影。 左から順に写真をクリックすると大きくなります。





展望台
から片瀬海岸側にスカイツリーと東京タワーが見えました。
矢印をいれた方の写真と見比べると、左矢印の位置にうっすらとツリーが見えています。右の高いビルが横浜ランドマークタワー。
撮影時には、
     一目で日本一高いタワーと日本一高いビルを眺められるポイントでした。
いまは、日本一高いビルは大阪のあべのハルカスに譲りました。


 ← クリック 
 

海中渡御

 投稿者:稲垣  投稿日:2015年 7月25日(土)11時44分31秒 KD111100090027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  天王祭の神輿海中渡御















海にはいって練った神輿は、浜辺で小休止すらせずに一気に浜を去って行きました。

この後、神輿や飾り山車は、江ノ電を止めて電車路などを練ります。
 

江の島の祭

 投稿者:稲垣  投稿日:2015年 7月25日(土)11時41分17秒 KD111100090027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
 



右端の山車に須佐之男命(中原町)






 天王祭(てんのうさい); 鎌倉腰越にある小動神社(こゆるぎじんじゃ)の例大祭。


江の島神社の祭礼は、7月の第1日曜日から第2日曜日にかけて行なわれました。
江の島八坂神社の神輿をも迎えて同時に開催です。


お神輿が出るのは、初日と最終日。
江の島(八坂神社)の天王みこしを迎えて行う12日の神幸祭の様子は、ご覧のとおり。

← 神輿を、浜におろすところ。






「どっこい、どっこい」の掛け声
 のお祓い
 

江の島の伝説

 投稿者:稲垣  投稿日:2015年 6月20日(土)11時22分3秒 KD111100090027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
 





稚児ヶ淵の風化した句碑に雀3羽

稚児ヶ淵は、建長寺広徳庵の自休和尚に見初められた稚児の白菊が、断崖から身を投げ、自休もその後を追ったという伝説が残っています。

白菊は、鶴岡八幡宮の僧坊相承院で学んでいた僧。江の島に詣でた折に自休に出会ったそうです。
白菊が身を投げる前に、渡し船の船頭に託した扇面には・・・
「白菊のしのぶの里の人とはば 思い入江の島とこたえよ/ うきことを思い入江の島かげに すつる命は波の下草」
自休は悲しさのあまりに、「白菊の花のなさけの深き海に ともに入江の島ぞうれしき」 と詠んで後を追ったと伝わります。







.
.
.
.
.
.
.
.
.
龍野ヶ岡を、いまは「恋人の丘」とも呼び「龍恋の鐘」が人気とか。






 左奥に奥津宮





.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
< 龍恋(リュウレン)の鐘 >
鐘の周りの金網に、南京錠がびっしり。
『昔、海にすむ五頭を持つ邪悪な龍が、島に現れた天女に恋をし、改心の末に結ばれたという島の伝説(天女と五頭龍)があり、ここで鐘を鳴らした二人は決して別れない』からと、恋人たちが鍵をかけ鐘をつくようです。
敷地の下には「岩屋の洞窟」があり、洞窟中に龍が住んでいたという伝承があることからこの丘を「龍野ヶ岡」といいます。
島内の店の提灯がキングギドラのような五頭龍なのはそんな理由からでした。


<曽彌荒助子爵(1849~1910)の石碑> →
日露戦争時代に大蔵大臣等明治政府の要職を務めて功績をたたえて石碑が 明治44年(1911)に建てられたそうです。

 

江の島の石碑

 投稿者:稲垣  投稿日:2015年 5月10日(日)10時19分24秒 KD111100090027.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
 
江島神社の赤い鳥居を通り、龍宮城を模した瑞心門をくぐって登ると、そこで物を拾うと幸運を授かるという「福石」があります。
盲目の鍼師(はりし)杉山検校(けんぎょう)が石につまづき転んだ時に拾った竹筒の中に松葉が入っていたことから管鍼(かんしん)術を考案したからです。
その後、将軍徳川綱吉の病を治し、関東総検校の地位を得ました。

道標





赤い鳥居を右に行き、交番の奥を降りたところに、その杉山検校の墓があります。






検校は、江島神社に参詣する人たちのために道しるべ(江の島弁財天道標)を12基残していますが、目の見えない方に案内される親切に感謝したことでしょう。



一遍上人成就水(島井戸)
時宗総本山「遊行寺」(藤沢市)の開祖・一遍上人が、飲み水に窮する島民のために掘り当てたといわれます。
なお、一遍上人がはじめた念仏踊りが盆踊りです。


サムエル・コッキング苑を通り過ぎた、江ノ島大師側にあります。











山二つを分けた右(西)の山に奥津宮。

木食上人(もくじきしょうにん)行場窟
山ふたつの谷底に、木食上人行場窟と呼ばれる洞窟があります。石廊を築き、石造阿弥陀如来の立像を安置していました。
木食行をした僧を木食上人といい、五穀(米、麦、アワ、キビ、豆)を絶ち、木の実で修行することが木食行です。


山二つの下、塔の真下辺りに行くと、ご覧のような洞窟がありました。

山二つに分かれる前は、岩屋のような洞窟だったそうです。



 

レンタル掲示板
/3