teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


オークションにて

 投稿者:FLAT  投稿日:2008年 5月11日(日)19時06分50秒
  昨日ネットを検索していたところ、とんでもない物をYahooのオークションで発見しました。
なんと製作会社等に配っている私の作品集が「激レア◯◯◯◯作品集・・・・・」として
オークションに出品されていました。直ちにYahooに削除と抗議のメールを送りましたので、
その顛末は後ほど結果が出しだいお知らせします。

他の作家の皆さんも私同様「作品集」等を配ってらっしゃると思いますが、こんな事例も
ありますのでご注意下さい(と言っても注意のしようがないのですが・・・・)

オークションを見るとサンプル盤が売られていたり、完成前のプロモーション盤(DB・TD前の未完成
の物)までもが売られています。モラルも何もあったものではありません!
 
 

ありがとうございました

 投稿者:稲葉koshu  投稿日:2008年 3月27日(木)12時53分23秒
  確認致しました。どうもありがとうございました。 < 管理人様  

ご依頼の件

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 3月27日(木)12時34分20秒
  稲葉koshu様>了解~~~削除しましたのでご確認下さい  

プロフィール削除のお願い

 投稿者:稲葉koshu  投稿日:2008年 3月26日(水)12時27分4秒
編集済
  ご無沙汰しております。稲葉です。

幹事の方にお願いがあります。
コンポーザーズミーティングHPからリンクしている私のプロフィールを削除していただけないでしょうか。

そこに自宅電話番号が明記されているのですが、4年程前に引っ越してその番号は使用しておりません。
で、自分の名前を検索するとこのプロフィールがトップに出て来てしまうのでありました。
間違い電話でどなたかに迷惑がかかるかと。。(^o^;;

お手数をおかけして恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します。
koshuあっとまーくmac.com
 

2年分のおまとめ(1)

 投稿者:Noise Reduction !  投稿日:2008年 3月19日(水)19時26分33秒
  昨今のCM(音楽)界に幻滅して、考える価値もない、という事に尽きるでしょうね。

ただ、住友生命の一件に関しては、まがりなりにも、この「ゆるやかな」集い(?)というコミュニティーを動かす事例であったワケですから、しかるべき結果報告があるものと思ってました。まだ継続中なのでしょうか?

「気高い振りして若者をたぶらかし、ただ働き同然に扱って...」と外部からチャチャを入れられても??ですが、各人の姿勢は自問すべき点ではあるでしょうね。ただ、理想より目前の現実を重視するなら、何も考えない方が無難、というのも一つの選択肢でしょう。

業界内の様子がわからず、悩み(懸案)がある若い作家の方は、ここに書き込まずとも、個別にメールで経験者に相談してみるのは役にたつと思います。

先日Jasrac会員の40代中心の会合(Jasrac主催)に参加しました。公益法人制度改革が迫り、Jasracの方針決定が必要なこの時期、活発な議論とは程遠いモノでした。ガンバっているのは、バリバリ?のおじいさん常連と職員理事達ばかり。彼らにとっては死活問題の様でした。

40代系の発言では、例えば、昔は作家取り分が33%が基本だったのに、今は25%しか出版社は出さない。Jasracの力でどうにかならないのか?という旬の話題から程遠い要望とか。。。Jasracに期待しすぎ、というか、そのテの事は助けてくれません。正会員だからといって、意識が高いか、は全く無関係ですね、当たり前ですけど。

CM業界内での待遇改善について。
これは各人が「抵抗、主張」する事が前提で、さらに連係してのボイコットも辞さない姿勢を貫かない限り、改善されない、という結果が出ていると思います。実際のところ、需要がなければ、そもそも存在しない職業ですから。まあ音楽家でWorking poor ってのもカッコいいですけどね。それにしても、フィルムや代理店も利益保全に必死ですから、音楽にかけられる予算は最後の最後、でも、既成曲の耳なれたメロには桁違いの金額を支払う事は厭わず。パクリ系のトラブルはゴメンなので、オリジナルは極力避ける、という論理がまかり通っている現状でしょう。

ここで最初に戻りますが、幻滅して考える価値もない、という事に尽きるでしょうね。

続編は、どなたか宜しくです。
 

2ch風

 投稿者:言葉遣いは嫌い!  投稿日:2008年 1月 7日(月)18時04分42秒
  だけど、
C's Meeting周辺の最近の様子は確かに知りたいですね。
 

廃業

 投稿者:ハイギョ  投稿日:2008年 1月 7日(月)17時54分10秒
  皆さん、廃業しますたか?
住友生命ともめてた話はどうなったのでしょう?
ジャスラックの改革とCM音楽業界待遇改善の話はどうなったのでしょう?
気高い振りして若者をたぶらかし、ただ働き同然に扱って、最終的にはとんずらですか?
そうですか。
 

BBSがぁ…

 投稿者:ぺんた  投稿日:2007年 7月 6日(金)14時17分57秒
  寂しい(ノ_?、)
皆さん忙しいんかな?
 

刑事版荒れてますね

 投稿者:KOSHU  投稿日:2007年 6月17日(日)20時50分23秒
  ちょっと寂しいです。
(迷惑投稿削除されたら、ワタシのこの投稿も削除お願いします。)
 

(無題)

 投稿者:地下鉄のザジ  投稿日:2006年 3月31日(金)01時05分21秒
  好奇心といえばルイ・マル。
いやいや失礼。
大災害の時、盗みをしたものが「家族の為に...しかたなく...」って言ってた。
パクリも、「これは芸術活動じゃないし、シゴトこなすためしかたない...」って
代理店、演出家、音プロは言う。
業界全員で病的に麻痺してるので誰も止めるものもいない。
たまにそうやって訴訟とかになるのは、外部の麻痺してない人の治療行為かも!?
 

パクリと言えば

 投稿者:好奇心  投稿日:2006年 3月30日(木)21時57分49秒
  朝日新聞のCMが某有名外タレから訴えられたそうですね。
今はクラシックに替わってますが。
 

あ、栗原さん

 投稿者:koshu  投稿日:2006年 2月14日(火)22時23分56秒
  今月号のサンレコめくってたら ジャズラックの広告ページに栗原さんがいました♪  

パクリ

 投稿者:y.suo  投稿日:2006年 2月 5日(日)00時58分36秒
  自分のアルバムの中のある曲とそっくりのメロディがCMから聴こえてくると、さすがに驚く。
CM音楽業界は「パクリ当たり前」の世界になのでそれにいちいち文句いわないけど、つまりコンポーザーと
して、そういう立場に追い込まれるし、まあ理解できるのですが....これも良く考えたら業界にどっぷりの非
常識か!?
ただちょっと言いたかったのは自分のよく知ってるスタッフとかに、「またあのアルバムのやつやったの」
なんて勘違いされるのが多少イヤですね。
パクリ常識、といってももうちょっと崩してちょうだいな!!!
 

新JAMとの会合

 投稿者:周防義和  投稿日:2005年11月 7日(月)01時47分51秒
  先日、JAMの渡部理事長、笹岡理事、松谷事務局長の皆さんと我々幹事グループで会合をもちました。
こういうことは初めてですがよかったのではないかと思います。とにかく目の前の仕事をクリアする
分には音楽プロダクションと作曲家で直接話し合えばいいわけですが、その先のほうの予測できない
ことに対して、連盟というのが機能をもつことだし、こちらコンポーザーズミーティングも現実の情
報、新たな情報を得ることで集まったわけですから、個人の力の及ばない事態のことに関してはJAM
とのコンタクトは有意義だと思います。勝手なこと言わせていただくと、JAMとしても加盟していな
い音楽プロダクションに対して信頼を回復して新しい展開が必要でしょうし、そのことを認識され前
向きな活動をされているので、作曲家側としては窓口の統一を願いつつも新体制のJAM に期待させて
いただきます。
 

状況報告

 投稿者:生方則孝  投稿日:2005年10月22日(土)01時56分19秒
  19日、JAMの新理事長及び事務局の方とお会いしました。事の発端から現在に至る事実関係と、私個人としては提訴以外に方法が無い事を説明しました。
翌20日にJAMと大手広告代理店との会議があり、そこで話題にして下さるという事でしたが、その会議でどのような見解が出されたかの連絡はまだ届いておりません。
本件に関しては、CMそのものを制作した代理店も、ロゴリメイクを担当した代理店も法的には無関係ですので(著作権問題が存在する事を関知していなかった、という理由により、いわゆる「善意の第三者」に該当する)、提訴以外の解決法については、メインの代理店が自主的に動いて、スポンサー企業を説得し、企業がその説得に応じてくれるのを期待する以外にないようです。
JAMからの連絡等、何か進展ありましたら、また報告致します。
 

pause

 投稿者:y.suo  投稿日:2005年10月20日(木)14時52分34秒
  お二人の見解はだいたいでたと思います。ただ片やそれがベターか否かはあるにしても
裁判を控える状況ですので、すべてがこのような公開上でやりとりすると、不利になって
しまうこともあるし、また言えない状況もあると思います。ですから待ちにしたいです。
どうしても生方さんに聞きたいことある方は当分個人のメールにしましょうか。
これ、僕が間に入ってしまって双方に失礼しているのはじゅうじゅう承知の上です。
申し訳ありません。
非公式ですがJAMも動いてはくれています。
ここでの今までの論議を生かすように事が運んでくれることを希望しています。
 

待ってください

 投稿者:周防義和  投稿日:2005年10月17日(月)02時41分18秒
  論争は本来好きです。オープンにどんどんやったほうがいいですよね。
様々な意見、立場があっていいと思います。
ただこの問題は書き込んでいくと当事者のデメリットにもなりフェアでなくなってしまうので、ワタシ、登場してしまいました。さきほどJamesさん生方さん両氏ともお話しました。一度休憩しましょう。
ほんとにですよ!

ちゃんと書けるか自信ないですが僕の思ったことです。
僕からみて生方さんは売名行為だとは思わないし、プロセスが完璧ではなかったかもしれませんが普通の作曲家としてはいっぱいいっぱいで、ここまで来たかな、と思います。相当な覚悟していることも確かです。またJamesさんは作曲家でありプロダクションももっておられて、業界に確固たる立場を築き、その立場からノウハウや経験が豊富で様々な問題に主体的に対処されてきたので、「やさしく導いてください」と伝えました。

僕は今回のこと単純に考えてみました。
「サウンドロゴに著作権なし...というのは違うよな」という点は共通の見解だと思います。そこで動いてるんです。僕は。
あとはそれを業界内のマナー的ルールで解決か、いやいやそれができないから法律で争う、という状況でしょうか。
普段、直接広告代理店と交渉をもつようなことがないし、だいたい音プロとの関係で広告(音楽)業界にいるわけですから、再使用問題の現実も普通の作曲家は詳しくないです。(電通はほぼちゃんとやってくれるとか、そういうこと詳しくないです)つまり音プロからの説明を受けてからですよね、だいたいは。だからそこに長けてる方(こういう時JAM の役割ですか)の判断、助言は欲しいです。そして確かに法律も大事ですが業界で積み上げた慣習で和解が理想ではないでしょうか。まだ遅くないのなら、その辺に期待します。

また、個人的にJAMとコンタクトをとりました。見解を伺いたいと同時に和解の道があるかなとも思いました。JAM は決定機関のある連盟なので公式ではありませんが生方さんと会合をもってくれるそうです。またそれ以前に電通CRマネジメント局にも見解を聞きました。そして電通CRマネジメント局側はすぐ調査もしてくれました。
それと生方さんはコンポーザーズミーティングメンバーになる為に、僕にメール送っていたのですが、当hpの僕のアドレスが古いままで連絡遅れたので、それは僕に責任ありました。すみません。
それからコンポーザーズミーティングも理事がいてとか、正式決定機関があるわけではないユル~イ団体なので、微力で申し訳ないし幹事グループがなんとなくやってるなぁっていう反省も、今回のことでなおさらわかりました。ただユル~イ中で当分いくと思います。(居直ってるみたいでごめんなさい)別意見、アイデアある方は言ってください。
 

Re:争点

 投稿者:生方則孝メール  投稿日:2005年10月17日(月)01時57分51秒
  James殿

 書き込みを拝読して思うのですが、あなたと私では、立脚点があまりにも違うようです。そこでこの件に関しては、時と場所を改め、出来れば中立的な立場の方に介在頂いた上で、改めて議論した方が建設的だと考えます。

 過去、多くの例が証明していますが、BBS上での意見の対立が生じた場合、互いに我田引水の応酬になり、相手の発言の中から自分にとって都合の良い部分だけを抜き出し、時間をおいて充分に理論武装してから反論するというパターンに嵌りやすく、そうなるともう、相互理解は困難だと思います(既にその傾向が顕れているような気がします)。

 作曲家同士争うのは本意ではありませんし、この数日間、音階を奏でるキーボードよりも、文字が画面に現れるキーボードを叩く時間に多くを取られている状態からも脱却したいと思うのですが如何でしょうか。

 最後に、提訴ですが、これは一年以上に渡って、何とか円満な解決法はないかと、考えられる限りの方法を試した結果の最終的な選択です。また、提訴の結果が必ずしも裁判に発展する訳ではなく、八割方は、裁判官立ち会いの下での和解で決着するそうですし、勿論私もそれを望んでいます。

 どうかご理解の程、よろしくお願い致します。
 

争点

 投稿者:James  投稿日:2005年10月16日(日)14時00分26秒
  「きちんと請求時に使用期間ならびに使用料金を明記している。」
についてご回答がないところをみますと、そのような形で請求はしていなかったと思われます。

>慣習上の認識に過ぎず、法的根拠がありません。それを「確認」する判決を求める事で、客観的事実にするのが目的です。
もし判決で著作物でないとなった場合、生方様は今著作物として登録して使用料をいただいている数多くの作曲家たちにどのよにお詫びするおつもりですか?

世の中には法律で定められていなくても商慣習上で問題がないことに対して、いちいち裁判所の解釈を求めたりしていないで、話し合いで上手くやっていることが数多くあります。

>三井のリハウス」も同じプロダクションで、「住友生命」と同じようなタイミングで過去のロゴを再使用されるという状況だったのですが、この音プロは最初ロゴの著作権を認めようとせず、一時期はかなり険悪な状態になりました。最終的に、制作当時の代理店が介入して、事態は解決しましたが

とあるようにあくまで代理店を交えた話し合いを根気強く行っていくのが筋だと思います。現状では代理店のメンツ丸つぶれだと思います。
法律で定義をするということは、ある意味いろいろなことを制限してしまい、不便なことが多くなるという認識をお持ちください。


間違った裁判を起こしたばかりにそのご迷惑を被る方が何百、何千といることを想像してみてください。

生方様が敗訴した場合、今後僕に対して生方様が再使用料を払っていただけますか?

だから敗訴しないように協力してほしいという考えは、あるいみ人質を取ったテロと同じことです。

争点をもう一度きちんと考え直してほしいと切に願います。
 

著作物

 投稿者:生方則孝メール  投稿日:2005年10月16日(日)00時14分41秒
  >JASRACの支払い実績が証明していますようにサウンドロゴも立派な著作物です。

 勿論です。疑問の余地はありません。でも世間一般にはそう考えない人たちがいるという事実がありますし、作曲家の中にもそう考えていない人がいます。しかも、このことは慣習上の認識に過ぎず、法的根拠がありません。それを「確認」する判決を求める事で、客観的事実にするのが目的です。

 住友生命のCIロゴが作られた時代は、契約書など無いのが当たり前ですが、その場合どのように判断すべきか、について文化庁がガイドラインを示しており、今回の提訴はそのガイドラインを根拠にしています。弁護士は、法的根拠のない行動は取れませんし。

>あくまでも、媒体費を含めた広告キャンペ-ンすべての予算内で
>代理店がいろいろやりくりをして支払っているのが現実です。

>再使用料に関しましても全く同じでクライアントが支払っているという認識は
>非常に少ないのが実状だと思います。

 その通りだと思います。しかしこの原状は、本質的に間違っていると考えます。CM作品の著作権にかかる費用は、そのCMの最大の受益者であるスポンサー企業が支払うべきものと思います(広告代理店だ、と言う考え方も無いとは言えないですけれど、筋論から言えば、企業でしょう)。ですからそれを是正して本来の姿になる先鞭を付けられれば、と考えています。

 最後に喧嘩をする相手ですが、私の感覚では喧嘩を売ってきたのは向こうです。本人が直接交渉せず、代理人を立てた事を当初先方は評価してくれていましたし、こちらもいきなりお金の話をした訳ではないのです。再使用について、何の事前連絡も受けていないけれど、きちんと契約をし直しましょう。と申し入れただけです。代理人による口頭の交渉ではいよいよ埒が開かなくなり、内容証明郵便による不法使用の通告に至り、最終的に著作物とは考えないという回答とともに交渉を一方的に打ち切られたのです。

 何故リスクテイクを覚悟の上で、訴訟にまで持ち込もうと考えたかを正直に言いますと。前に挙げたような理由も勿論ですが、旧財閥系大企業から見れば吹けば飛ぶような個人事業主の意地を見せたれ、でしょうか。我ながら無謀というかアホだと思いますが、かといって引っ込む訳にも行きませんでした。青臭い言い方かも知れませんが、先方の最終回答を聞いた時「引き下がるな、行け」という天の声が聞こえたような気がしました。

 意見の相違はあると思いますが、数々のご指摘、イヤミでなく感謝してます。巨大な壁を目の前にして、リラックスして臨んでいるつもりでも、かなりテンションが上がっていたようで、足下が見えなくなっていたところがあったと思います。頭を冷やして状況を客観視するのにに、いいタイミングでした。ありがとう御座います。
 

レンタル掲示板
/4