新もず掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


14件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[79] Re: 栂池高原から白馬乗鞍経由で蓮華温泉まであるきました

投稿者: 朝山 一男 投稿日:2017年 7月26日(水)22時08分46秒 softbank219183040004.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.77[元記事へ]

>  梅雨前線の影響で2日間とも雨かなと心配していましたが、初日は降られなくてよかったですね。私も是非に行きたかったので返す返す残念です。




[78] Re: 栂池高原から白馬乗鞍経由で蓮華温泉まであるきました

投稿者: 朝山 一男 投稿日:2017年 7月26日(水)22時03分8秒 softbank219183040004.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.77[元記事へ]

>  7月22日(土)と23日(日)。青木さん、大平さん、小林さん、清水さん、高砂さん、横山さんに芹沢夫婦を加え8人が、梅雨明けしたばかりの首都圏を早朝に発ち、新しく見つけた北陸新幹線長野駅からの直行バスで、10時半栂池高原に着く。ワタスゲ、リュウキンカ、キヌガサソウ、チングルマなどが咲く栂池自然園で昼食を済ませ、白馬乗鞍岳への山道にはいる。いくつかの雪渓歩きもある白馬乗鞍岳への岩だらけ道を三時間で、ケルンが立つ広い山頂広場に着いた。白馬大池が眼下に望まれ、あす予定している、小蓮華山への伸びやかな稜線が期待感を抱かせた。30分で着いた大池山荘はそこそこの入りだが、男女ふたつの部屋にすっぽり納まってまずは一安心。しかし翌朝は期待を裏切る雨模様で、予定した小蓮華山往復を断念、蓮華温泉へおりることにした。かって知る悪路に加えて、雨はやむどころか強まるばかりで、雨具着用にもかかわら難渋を余儀なくされた。それでも午前11時に蓮華温泉着、いい湯で汚れと疲れを洗い流すことができた。食堂で三時間飲んだり食べたりで過ごし、予定したバス一時間半で糸魚川駅に着いた。駅の観光案内所で紹介された海鮮料理店にはり、一時間半の反省会を持って午後7時発の北陸新幹線で帰路につきました。



[77] 栂池高原から白馬乗鞍経由で蓮華温泉まであるきました

投稿者: 芹沢 潔 投稿日:2017年 7月25日(火)22時23分13秒 M106072041064.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

 7月22日(土)と23日(日)。青木さん、大平さん、小林さん、清水さん、高砂さん、横山さんに芹沢夫婦を加え8人が、梅雨明けしたばかりの首都圏を早朝に発ち、新しく見つけた北陸新幹線長野駅からの直行バスで、10時半栂池高原に着く。ワタスゲ、リュウキンカ、キヌガサソウ、チングルマなどが咲く栂池自然園で昼食を済ませ、白馬乗鞍岳への山道にはいる。いくつかの雪渓歩きもある白馬乗鞍岳への岩だらけ道を三時間で、ケルンが立つ広い山頂広場に着いた。白馬大池が眼下に望まれ、あす予定している、小蓮華山への伸びやかな稜線が期待感を抱かせた。30分で着いた大池山荘はそこそこの入りだが、男女ふたつの部屋にすっぽり納まってまずは一安心。しかし翌朝は期待を裏切る雨模様で、予定した小蓮華山往復を断念、蓮華温泉へおりることにした。かって知る悪路に加えて、雨はやむどころか強まるばかりで、雨具着用にもかかわら難渋を余儀なくされた。それでも午前11時に蓮華温泉着、いい湯で汚れと疲れを洗い流すことができた。食堂で三時間飲んだり食べたりで過ごし、予定したバス一時間半で糸魚川駅に着いた。駅の観光案内所で紹介された海鮮料理店にはり、一時間半の反省会を持って午後7時発の北陸新幹線で帰路につきました。



[76] 杉山城址をあるきました

投稿者: 芹沢 潔 投稿日:2017年 7月 9日(日)12時40分21秒 M106072041064.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

 7月8日(土)、猛暑にかかわらず二人で杉山城址歩きを敢行しました。「杉山城址」は比企丘陵の一角にある国指定史跡で、戦国山城の典型的な縄張りがよく分かる遺構とされています。近くにある「菅谷城址」が、中世の畠山重忠館跡を後の人が改築した、戦国平城であるのと対照をなしています。ともにこの時期、ヤマユリが咲くことでも知られています。このふたつに合わせ、できればかの木曽義仲の父、帯刀先生(たつはきせんじょう)源義賢がいた大蔵館の跡も見てみたいと。池袋から東武東上線の急行一時間で、武蔵嵐山駅におりる。駅前には『木曽義仲公誕生の地』の旗がへんぽんと翻る。ひょっとして、いつの日か大河ドラマを待ち望んでいるのだろうか。それはともかく、はるかかなたの緑の丘陵を目指し、交通量の多い県道(かっての鎌倉街道)をゆく。あるきだしてすぐ、タクシーにすればよかったと後悔するがすでに遅い。炎天下歩き半時間でようやく。緑濃き杉山城址にはいる。たしかに地元の人の努力で、ここまでよく縄張りが保存されているものよと感嘆しきりだが、何しろひたすら暑い。ここはやはり春か秋にくるべきだったと思う。もうひとつの目玉、ヤマユリのほうは咲き出したばかりのようで、これは一週間くらいあとがよろしいようで。城址めぐりを早々に切り上げ、さきほどの往路で見つけた美しい蓮田の傍らに立つ、カフェにはいり昼食にありつけるころには、いまひとつの「菅谷城址」への意欲は消えていた。武蔵嵐山駅にもどり、やはり急行一時間で帰路につきました。やはり夏の城址歩きはきつい、というのが実感です。



[75] 古城址歩きをしま選科

投稿者: 芹沢 潔 投稿日:2017年 7月 4日(火)18時40分49秒 M106072041064.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

 7月8日(土)、埼玉県嵐山町「杉山城址~菅谷城址」歩きへのお誘いです。「杉山城址」は、中世山城の典型的な遺構が残っているとされるところ。また「菅谷城址」は畠山重忠の館跡に後人が手を加え、戦国の平城にしたと考えれれるもの。後者は、この時期ヤマユリの咲くところとしても知られています。できれば、近くにある源義賢(源義朝の弟。木曽義仲の父)の「大蔵館」跡にも寄ってみたいと思います。集合の日時・場所は:①午前9時0分、東武東上線「池袋駅」急行発着ホーム、②9時57分、同「武蔵嵐山駅」改札の、いずれか。昼食は駅近くの店でと考えています。資料をメールで送るので、参加を希望する人は芹沢までご連絡ください。



[74] 里山の再生に期待して

投稿者: 芹沢 恵子 投稿日:2017年 6月29日(木)17時17分3秒 M106072041064.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

谷戸沢までは、「武蔵五日市駅」からタクシーで行き、帰りは「武蔵増戸駅」まで歩きました。処分場跡は、広々とした草原に再生され、その周りを森が取り囲んでいます。草原の入口付近にエノキを植えた大きなゲージがあり、そのなかにオオムラサキ(写真添付)がヒラヒラ舞っていると期待したのですが、それは見られず、ようやく一頭現れ、見学者たちを喜ばせてくれました。次に、草原の中の散策路に沿ってガイドツアーに出かけました。ススキの葉を細く裂いて、それを編んで作ったカヤネズミの巣(写真添付)を見ることができました。尾をくるくる葉に巻き付けてつかまるそうで、なんと巧みな技を持っているのでしょう!
 草原の一部にビオトープを作り、周りの森から流れ出る水を流すための水路に森の生き物が行き来できるように出入り口を作ったり、水が湧き出している斜面の下に板を設置して浅い水たまりを作ったり、人間が少し手助けをすることで、野鳥、タヌキ、ウサギ、ノスリなど野生動物がそこへやってきて、水浴び、水飲み、餌探しをしているそうです。絶滅危惧種もずいぶん見つかっているようです。これからが楽しみです!



[73] 小林さんへ

投稿者: 芹沢 潔 投稿日:2017年 6月29日(木)09時03分6秒 sp49-97-110-221.msc.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

   小林さん。いい尾瀬歩きができましたね。うらやましい。ところで、7月のほうはまだ大丈夫です。ご連絡ください。



[72] 尾瀬に行ってきました

投稿者: 小林恵之 投稿日:2017年 6月29日(木)07時47分11秒 203-124-78-15.parkcity.ne.jp  通報   返信・引用

みなさんとはなかなかご一緒できませんが、生存アピールで投稿しました
6月6日火曜日、早朝に駐車場につき満点の星空観賞後、鳩待峠にバスで向かいました
峠から、一気に湿原まで下り、快晴の中、至仏山、燧ケ岳、水芭蕉群生を見ながら東電小屋を回り帰途につきました。
天気にも恵まれ、馬鹿でかい水芭蕉を愛で、満足な一日でした!
また、ご一緒させてください!!
ところで、芹沢さま、7月山行は定員ありでしたか?



[71] オオムラサキを見てきました

投稿者: 芹沢 潔 投稿日:2017年 6月27日(火)22時03分37秒 M106072041064.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

 6月24日(土)、日の出町の「谷戸沢処分場跡」で、オオムラサキの再生状況のガイドツアーがあるというので、参加してきました。ここは日の出町大久野にあるふたつの最終処分場のひとつで、多摩地域の25市1町が一部事務組合のかたちで不燃ごみの埋め立てを14年間おこなって、1998(平成10)年に埋め立てが終了したところです。いまオオムラサキやカヤネズミなどの生息が確認され、カワセミの飛来、カイツブリやフクロウなどの営巣が見られるなど、ようやくかっての自然の一部がよみがえりつつあるようです。オオムラサキの羽化はもう終わっていたけれど、カヤネズミの営巣を見て、またモリアオガエルやトウキョウサンショウウオの幼生なども観察できました。もうひとつ「二ツ塚処分場」の埋め立てはなお継続中で、かっての都の職員としては無関心ではいられなかった部分もあり、行って来てよかったなと考えています。



[70] 吉見さん、朝山さん、そして皆さん

投稿者: 芹沢 潔 投稿日:2017年 6月19日(月)10時04分55秒 M106072041064.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

 なかなか、新しい掲示板の操作に苦労しておられるようですね。以前の「nifty掲示板」のときは、「コメント欄」という便利なものがありました。
 今回のは単純です。どんな場合でも、ただ【投稿フォームを開ける】を押してから名前、題名、本文記載してから、【投稿する】を押して終了です。よろしくお願いします。


レンタル掲示板
14件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.