新もず掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


13件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[67] 「新宿区立おとめ山公園」について

投稿者: 芹沢 潔 投稿日:2017年 5月20日(土)09時48分6秒 sp1-66-104-61.msc.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

   5月19日、新宿区立おとめ山公園へ行って来ました。ここば、その名のどおりかっての「お止め山」で、そのためか広さに比べ高い木が多く、森が深いところです。市街地にありながら奇跡的に湧水が残り、池では子育て中のカルガモ親子(なんと、ひなが9羽!)にも出会いました。目白駅からあるき、帰りは神田川へおりて高田馬場駅に出ました。いい森林浴となりました。




[66] 新緑の鳴神山

投稿者: 芹沢 恵子 投稿日:2017年 5月14日(日)15時46分12秒 M106072041064.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

どんな出会いがあるか楽しみにしていた山行でした。沢には、澄んだ水が流れ、水量も豊富です。ヒキガエルは気づきませんでしたが、オオルリがすぐそばの木の枝に飛んで来て、出迎えてくれた時には、もうビックリです。こんなに間近で見たのは初めてでした。手入れの行き届いた杉林の林床には、あまり植物が生えてなくて、スミレも思ったほどは咲いてなくてナルカミスミレもよくわかりませんでした。山頂の手前でかわいいスミレの群生を見つけました(写真添付)ひなスミレかな?ウラシマソウは、少しありましたが、マムシグサの方がいたるところに首を出していました。下山道で、やたらと目についたのが、名を知らない植物(写真添付)でした。茎の下の方に小さい丸い花?が付いています。



[65] Re: 5月6日、鳴神山にのぼりました

投稿者: 吉見脩 投稿日:2017年 5月10日(水)19時07分52秒 KD124209244053.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用 > No.64[元記事へ]

鳴神山のカッコソウに会えて良かったですね。
下山道でウラシマソウに会いませんでしたか?
沢ではヒキガエルやオオルリも鳴いていたこと
でしょう。
 雑用が増えて、次回の参加の予定が立てにくい
のが残念です。



[64] 5月6日、鳴神山にのぼりました

投稿者: 芹沢 潔 投稿日:2017年 5月 9日(火)12時12分12秒 M106072041064.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

 5月6日(土)、群馬・栃木県境の安蘇山塊「鳴神山」に6人(朝山さん、大平さん、清水さん、高砂さんと芹沢夫婦)で行って来ました。東武線新桐生駅から「おりひめバス」でゆき、大滝登山口から鳴神山へ。山頂付近で待望のアカヤシオに出会い、椚田峠の直下で、ここだけでしか見られないサクラソウ科のカッコソウにも会ってきました。心配した雨はなく、新緑の山歩きを楽しんで、桐生から高崎へもどって高崎駅近くで反省会をもちました。



[63] Re: 都立浅間山公園で

投稿者: 吉見脩 投稿日:2017年 5月 4日(木)21時01分6秒 KD124209244053.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用 > No.62[元記事へ]

都内でキンラン、ギンランとは素晴らしい。
埼玉でも激減してしまっています。
 出かけたいものです。



[62] 都立浅間山公園で

投稿者: 芹沢 潔 投稿日:2017年 5月 3日(水)22時32分22秒 M106072041064.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

 5月3日(祝)、都内唯一のムサシノキスゲ(ニッコウキスゲの変種か)自生地で、またこの時期キンランやギンランが咲くことで知られる、都立浅間山公園に行ってきました。午前11時半に京王線・東府中駅北口からあるき出し、20分ほどで都立府中の森公園に着。ここは米軍基地跡地を都が整備した都市公園で、ほどよい広さと設備のあるいい公園です。隣接する府中平和の森公園の中にある府中市生涯学習センターの食堂で昼食をすませ、そこから住宅地を15分ほどあるいて、緑あふれる都立浅間山公園にはいりました。のっけからキンラン、ギンランさらにササバギンランに出会うことができてびっくり。三つに分かれる山のいずれでも、いまやほぼ満開の状態です。お目当てのムサシノキスゲのほうは、いま咲き出したばかりで、満開にはあと一週間と言ったところでしょうか。最後にきすげ橋辺りから隣の都立多磨霊園にはいり、広い広い敷地を突っ切って東八道路に出て、さすがに都立武蔵野公園と都立野川公園立ち寄りをあきらめ、おりよく来た路線バスで午後3時ころ武蔵小金井駅に着きました。



[61] 懐かしい高島平付近

投稿者: 吉見脩 投稿日:2017年 4月28日(金)12時08分45秒 KD124209244053.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

 赤塚付近は今でも素晴らしい自然が残っているのですね。
高島平の団地ができる前は、丘陵の裾を小川が流れていて
「峡田路散策コース」と呼ばれて、水垢離のできる小さな滝までありました。
 また、出かけてみたいものです。



[60] 赤塚公園のニリンソウ

投稿者: 芹沢 恵子 投稿日:2017年 4月26日(水)22時05分17秒 M106072041064.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

公園の遊歩道に沿って歩いていくと、ニリンソウの自生地には、白いかわいい花がちょうど満開です。総延長200mもあるとのことですが、少しほかの植物も入り込んできているところもあって環境を維持していくのも大変そうです。ヤマブキソウと共演しているところがなかなか良かったので写真を添付します。そして遊歩道の反対側には、ミツバツチグリが黄色いじゅうたんを広げていました。春は黄色が元気をくれますね。



[59] 都立赤塚公園では

投稿者: 芹沢 潔 投稿日:2017年 4月24日(月)11時41分41秒 M106072041064.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

 4月23日(日)都立赤塚公園に行ってきました。ここは、かの高島平団地の南から赤塚城址にかけてのびる一帯。新大宮バイパスが都内にはいった直後に通り抜ける辺りにひろがる緑地群で、ニリンソウの自生地があることでも知られています。11時半に都営地下鉄三田線の高島平駅からあるき出し、広い赤塚公園の外縁を行く感じで(あと知恵では園内を突っ切てもよかったのだが)やがて、ほとんど満開のニリンソウ自生地に出ました。始めてきたけれど、この環境でのこの残りかたはほとんど奇跡的ではないか、ボランティアのかたがたの苦労はさぞやとしのばれます。木道のあるバードサンクチュアリを過ぎ、新大宮バイパスを跨ぐ歩道橋を経て、ため池のある赤塚城址公園にいたる。ウグイスの声を聴きつつのぼった赤塚城址は、ほどよい散策コースに見事な梅林もあり、弁当を持ってこなかったことを後悔しました。反対側の市街地におり、東京大仏のある乗蓮寺に近い板橋区立赤塚植物園にはいる。小さな植物園だが、起伏ある地形を生かして植物の数も多く、いつ訪れても花が見られるよう、工夫がなされていると感じます。時間が無くなって来たので、予定していた都立光が丘公園まで足をのばすことを断念、東武東上線下赤塚駅から帰路につきました。



[58] Re: 白い花は

投稿者: 吉見脩 投稿日:2017年 4月15日(土)21時49分34秒 KD124209244053.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用 > No.55[元記事へ]

羨ましいほどの山行ですね。
 きれいなこの花は、いろいろ調べてみましたがわかりませんでした。
ただ、記憶の中のアズマイチゲの蕾が、曇りの日にはうつむいていたような
気がします。葉も似ていますがどうでしょう?
 クモの巣、 祖谷のかずら橋の民謡を思い出しました。
「祖谷のかずら橋ゃ 蜘蛛の糸のごとく 風も吹かんのにゆらゆらと
 吹かんのに 吹かんのに~」という古い唄です。

 


レンタル掲示板
13件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.